【WordPress】グリッド表示の間に複数のアドセンス広告を入れる方法

【WordPress】グリッド表示の間に複数のアドセンス広告を入れる方法-00

WordPress(ワードプレス)のテーマで、グリッド表示の記事一覧の間にGoogleアドセンス広告を「複数」かつ「任意の場所」に入れる方法です。

等間隔、あるいは任意の順番で表示したい時のやり方です。

Googleアドセンス広告の準備

アドセンス登録が終わっていることを前提にお話しします↓↓↓

参考:Googleアドセンス

ログインしてメニューから「広告」→「サマリー」を選択。

ページ上部の「広告ユニットごと」を選択。

「新しい広告ユニットの作成」の中の「インフィード広告」を選択します↓↓↓

【WordPress】グリッド表示の間に複数のアドセンス広告を入れる方法-01

自分のWEBサイトのURLを入れて実行すると、ちょうど良いサイズの広告のコードを生成してくれます。

「ads.php」ファイルの準備

テーマによっては、エラーが出たり使いづらかったりするので広告コードを別ファイルにします。

ファイル名は自由ですので、仮として「ads.php」という名前にします。

そのファイルに、上記で生成した広告コードを貼り付けてテーマ内にアップロードしておきます。

have_posts()の書き換え

テーマ内のコードを書き換えます。

テーマのコードをいじるとサイトが壊れる可能性があるので、バックアップを取って自己責任で行ってください。

index.phpなどの記事一覧を表示するファイルから以下のコードを見つけます↓↓↓

have_posts() ) : the_post();

これを以下に変更↓↓↓

have_posts() ) : the_post(); $loopcounter++;

後ろに「$loopcounter++;」を足すだけです。

ループコード内に広告を呼び出すコードを入れる

そして、ループコード内に以下のコードを入れます↓↓↓

<?php if ($loopcounter == 3) { include (TEMPLATEPATH . ‘/ads.php’); } ?>
<?php if ($loopcounter == 7) { include (TEMPLATEPATH . ‘/ads.php’); } ?>

場所としては、「endwhile;」の手前がわかりやすいでしょうか。

上記コードの「3」が「4番目に入れる」、「7」が「8番目に入れる」という意味です。

これで等間隔にも任意の場所にも表示できます。

基本的には作業はこれだけです。

グリッド表示が崩れる場合

上記の場合だと、テーマによっては広告は表示するもののグリッド表示が崩れる場合があります。

グリッドを綺麗に表示するために組まれているものが、広告が入ることによって記事数がおかしくなってしまうからです。

その場合はphpの内容を調整する必要があります。

しかしPHPが苦手という場合は、グリット部分だけul・liタグでシンプルに作り直すのが早いです。

cssで、元のデザインに近づけます。

以上です。

Byさちお

\ SHARE /

この後に読まれている記事は?