【WordPress】ツイッター自動投稿で任意のハッシュタグをつける方法

【WordPress】ツイッター自動投稿で任意のハッシュタグをつける方法-00

WordPress(ワードプレス)の自動投稿プラグイン「NextScripts: Social Networks Auto-Poster(SNAP)」でツイッターに投稿するときに任意のハッシュタグをつける方法です。

SNS集客の強い味方「SNAP」

【WordPress】Twitterに自動投稿プラグイン「SNAP」除外されない時02

参考:NextScripts: Social Networks Auto-Poster

WordPress(ワードプレス)の自動投稿プラグイン「NextScripts: Social Networks Auto-Poster(SNAP)は、SNSからブログへの誘導にかなり有効です。

ブログを投稿したと同時にSNSにアップしてくれる機能や、定期的に自動で過去の投稿をSNSに投稿してくれる機能があります。

投稿したいカテゴリーや過去何年までの投稿などの設定はもちろん、どれくらいの感覚でSNS投稿をするかなどかなり細く設定できます。

定期的に再投稿したい記事があるときに便利なプラグインです。

基本的にはツイッターとの連携がオススメ

SNAPは色々なSNSとの連携が可能ですが、使うとしたらTwitter(ツイッター)との連携のみで使うのが良いでしょう。

facebookユーザーは「自動投稿」を嫌いますし、その他のSNSはユーザーが少ないのが理由ですね。

instagtamとは連携できないので、使うならツイッターのみとなるでしょう。

ツイッターで使うなら、自動投稿と一緒に「ハッシュタグ」の使い方も考えたいですね。

SNAPとツイッターの連携の方法

SNAPとツイッターとの連携にはちょっと苦労すると思います。

あらかじめ、ツイッターのデベロッパー機能でアプリを作っておく必要があります。

そこを説明すると長くなるので、こちらの記事を参考にしてみてください↓↓↓

参考:【WordPressプラグイン】SEOに響くツイッター!自動ツイートはNextScripts: Social Networks Auto-Posterが超便利

ツイッターアプリを作って、API keyとアクセストークンを取得する必要があります。

プラグインの設定まで、上記の記事を参考にしてみてくだい。

以下は自動投稿が出来るようになったことを前提にお話します。

ツイートに任意のハッシュタグをつけたい

ツイッターに自動投稿されるたびに「毎回同じ特定のハッシュタグ」をつけたい場合は、メッセージフォーマットに直接「#グルメ」などを打ち込めばOKです。

投稿内容によってハッシュタグを毎回変えたい場合は、「%HTAGS%」か「%HCATS%」を利用します↓↓↓

【WordPress】ツイッター自動投稿で任意のハッシュタグをつける方法-02

「%HTAGS%」は、その投稿に設定している「タグ」が自動でハッシュタグになって埋め込まれます。

「%HCATS%」は、その投稿に設定している「カテゴリー」が自動でハッシュタグになって埋め込まれます。↓↓↓

【WordPress】ツイッター自動投稿で任意のハッシュタグをつける方法-03

なので、投稿記事のカテゴリーとタグの使い方が重要になります。

複数のタグを設定している場合は、%HTAGS%だけで自動で全てのタグに「#」をつけてくれます。

少し問題があります

「NextScripts: Social Networks Auto-Poster(SNAP)」は、上手く使えばかなり有力なプラグインです。

しかし、プラグインが不完全なために色々と不具合が出てきます。

使いこなすまでに、かなりの慣れが必要になるでしょう。

例えば、メッセージフォーマットを変更したのに前のままでツイートされ続けたり。

そんなときは、「Help/Support」ページのこの辺り↓↓↓

【WordPress】ツイッター自動投稿で任意のハッシュタグをつける方法-04

このあたりで解決するかも、しないかも。

プラグインは更新されど、いつまでも不具合が残ってます。

がんばって使いこなしてみてください。

以上です。

Byさちお

\ SHARE /

この後に読まれている記事は?