【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

ブログを書くのを辞めたり、他のブログサービスやWoroPressを使い始めたりで、過去に書いた記事をアメブロ等に放置している人は、過去記事を丸ごとWordPressに移動した方が良いかもしれません。

今まで頑張って書いた記事は『思い出』であり『財産』です。

ブログを長く放置していると、不正アクセスのターゲットになるリスクや、そのブログサービスが終了してしまった場合は何も残らない状態になってしまいます。

かと言って、頑張って書いた記事を消してしまうのは勿体ないと思います。

そういう場合は、ブログの内容を丸ごとWordoPressに引っ越しして、『自分で管理する』という方法が良いでしょう。

しかし、WordPressを利用するはドメイン代・サーバー代等の費用がかかります。

と言っても、最安のサーバー『ロリポップ!』なら月500円〜、ドメインも『ムームードメイン』で『.com』『.net』なら月150円程度(年間1500円程度)なので、月1000円以下で維持できます。

そこで、ブログ記事をWordPressに移しアドワーズや、楽天やAmazonなどのアフィリエイト広告を配置します。

そのアフィリエイト収入で、月に1000円以上の利益が発生するのならば維持費は賄えますので問題は無いと思います。

尚かつ、放置しているだけで1000円以上の利益になれば得ですよね。

もし、現在WordPressを使用しているのなら、過去記事として移すとインデックス(1ページ)としてカウントされますので、サイトボリュームにも繋がり良いと思います。

と言うわけで、アメブロからWordPressへの引っ越し方法です。

アメブロからWordPressへの引っ越し方法にはいくつかありますが、やはり王道の『FC2経由』の方法をとる方法が良いと思います。

まずは、アメブロからFC2ブログへの引っ越しです。

FC2ブログのブログお引越しツール』のページにアクセスします↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

参考:FC2ブログのブログお引越しツール

予めFC2ブログのアカウントの準備が必要なので、アカウントの無い場合は下の『FC2ブログの新規登録』から、すでにアカウントを持っている場合は上の該当するブログにチェックを入れます。(今回はアメブロ)

アメブロから引越しをする場合、予めアメブロ側の準備が必要なので下記の注意事項を参考にして下さい↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

必要事項を記入の上、引越しの申請を行います。

しばらくすると引越し完了のお知らせが来るので、自分のFC2ブログにアクセスして引越しできたかを確認します。

引越ししてからすぐにはデータの書き出しができないらしいので、しばらく待って(一週間)から引越し作業に入ります。

その間に、WordPressの勉強をしておくと良いかもしれません。

FC2ブログのデータを書き出します。

FC2ブログへログインして管理画面へ↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

左下の『データバックアップ』をクリックしてバックアップ画面へ↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

『エクスポート』の『記事全部』の『全ての記事』の『ダウンロード』をクリックします。

すると、『アカウント名.txt』というファイルができるので、それがテキストデータです↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

次に、画面下の方『ファイルバックアップ』の『画像ファイル』を『ページ1』から『リストを開く』で100枚図ダウンロードする必要があります↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

クリックすると100枚の画像ページが開きます↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

この画像を1枚1枚、右クリックで『名前をつけて保存』をするのですが、さすがに何百枚もやるのは無理なので、一括ダウンロードツールを使います。

今回は、ブラウザを『FireFox』で無料アドオン『DownThemAll!』を使用します↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

中央の『+Firefoxへ追加』をクリックして有効化→ブラウザーの再起動を行います。

そして先ほどの画面へ↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

画面上で右クリックをすると、メニューに『DownThemAll!…』というのが現れるのでクリックします。

するとダウンロードが表示されるので↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

上部の『画像とメディア』をクリックして、下部のファイルの保存先を指定、フィルターをチェックして『開始』をクリックします。

すると、フォルダー内に画像がダウンロードされます↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

その作業を繰り返して、全ての画像をダウンロードしたら画像データの準備は完了です。

次に、先ほどのテキストデータの編集です。

Dreamweaverなどのツールで、テキスト内の下記の部分を変換する必要があります↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

「http:」からファイル名の前の「/」までを、「引越し先のWordPressのURL/wp-content/uploads/」に置換します↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

この時に、ユーザー名やカテゴリー等を変更するのも良いと思いますが、引越し後にWordPress内でも変更できたので問題ないと思います。

変換が終わったら保存してテキストデータの準備完了です。

次に、ダウンロードした画像ファイルを、FTPソフトで「引越し先のWordPressのURL/wp-content/uploads/」のフォルダー内にアップロードします。

次に、WordPressの『ツール』→『インポート』っで『Movable Type と TypePad』をインストールします↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

有効化して、インポート画面から『選択』をクリックして↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

先ほどの『アカウント名.txt」を『ファイルをアップロードしてインポート』します。

するとインポートが始まります↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

しばらくするとインポートが完了するので確認すると、上手く引越しできていました↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

元々入っていたデータの関係で『メディア』ページの表示がおかしくなってますが、これは後ほど原因を突き止めます。

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

ちなみに、今回の引越しの記事数はこちら↓↓↓

【wordpress】放置しているアメブロは引っ越しした方が良い理由と方法

7146記事で、これで半分くらいです。

ゴミ箱の2500は、以前アップしていた記事数ですね。

残りはまた後ほど引越しします。

そして、引越しが終了したら、アメブロ、FC2ブログともに記事の削除を忘れないようにしましょう。

インターネット上に同じ記事があると、お互いに悪影響なので1つにする必要があります。

以上です。

Byさちお

この後に読まれている記事は?

【wordpress】画像サイトマップ プラグインは 更新&再送信が必要... wordpress(ワードプレス)には、サイトマップを自動生成してくれるプラグイン(XML Sitemap Generator for WordPress等)がありますが、これはページのサイトマップだけなので画像のサイトマップを作ってくれるプラグイン『Google XML Sitemap for I...
【WordPress】ショートコードを簡単に呼び出せるプラグイン... WordPress(ワードプレス)で作ったWEBサイト(ブログ)で、記事内に毎回似たようなショートコードを入れるのが面倒な時は「Post Snippets」というプラグインを使うと便利です↓↓↓ 参考:Post Snippets プラグインに、予めショートコードを登録しておくことで、ショ...
【アメブロ】僕がameblo(アメーバブログ)を辞めた理由9つ... サイバーエージェントさんが提供するブログサービス「アメーバブログ(アメブロ)」が登場したのが2004年、当時はlivedoor(ライブドア)ブログや楽天ブログなどが人気でした。 僕がアメブロを使い始めたのは2005年くらいですが、当時のアメブロの人気は低く認知度も低かったです。 2006...
【wordpress】画像アップロード時に自動で縮小してくれるプラグイン... wordpress(ワードプレス)で作ったWEBサイト(ブログ)に画像をアップロードするときに撮影したときのサイズのままだと、表示が遅くなってSEO的にも悪いしサーバーもすぐにいっぱいになる。 だけどPhotoshop(フォトショップ)などの画像加工ソフトを持ってないよと言う場合は、『Imsa...
【WordPress】画像のaltタグの状態をチェック&編集できるプラグイン... SEO対策において、画像ファイル(メディア)のalt(代替テキスト)の記入をしていないと、その画像は『無意味な画像』として判断されるので忘れずに記入するようにしましょう。 WoedPress(ワードプレス)で、過去にアップロードした画像のalt(代替テキスト)の状態をチェックできるプラグインが...