【WEB制作】フリーランスを目指すならWordPressブログを書く理由

【WEB制作】フリーランスを目指すならWordPressブログを書く理由

WEB制作の仕事でも「フリーランス」を目指す人も増えておりますが、将来フリーランスを目指すなら今のうちから「WordPress(ワードプレス)」で「ブログを書く」ことをオススメします。

WordPress(ワードプレス)とは?

WordPress(ワードプレス)は、世界No.1の「ブログシステム」です。

当サイトもWordPress(ワードプレス)で制作しております。

アメブロ等の「ブログサービス(無料)」とは違い、システム以外は全て(サーバー、ドメイン等)は自分で設定する必要があります。

WordPress(ワードプレス)は「ブログシステム」ですが、カスタマイズすることで「WEBサイト(ホームページ)」として利用することもできます。

WordPressが世界No.1の理由

世界に存在するWEBサイトのうち、約4割が「CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)」を使用したものです。

そのCMSを使用したWEBサイトの内、WordPress(ワードプレス)が約6割を占めています。

その人気の理由は、バージョンアップの頻度が多い、拡張性が高い(プラグイン)、フリーテーマの豊富さなど色々。

その多くが、無料で(有料もあり)利用できるのに「広告が表示されない」というのも人気の理由です。

また、SEO(検索上位表示)対策においての強さも人気の理由です。

自分で使ってみるのが一番の近道

僕が関わるWEB案件は、制作・修正(カスタマイズ)・レコ入れなど「ほぼ」WordPress(ワードプレス)です。

将来、自分がどんな仕事をしたいかで異なってきますが、WEBサイト(ホームページ)制作に関わりたいのであれば「まず中身を知る」という意味で「自分で使ってみる」のが良いでしょう。

「難しく簡単でもある」を知る

WordPress(ワードプレス)は、その「拡張性」の高さが人気の理由の一つです。

もちろん基本設定でもブログ運営は可能ですが、拡張することでさらにWEBサイトの魅力、アクセス数なども変わってきます。

拡張方法も幅広く、「プラグインを入れるだけ」という初心者向けの操作から、「プラグインの効果的な設定方法」「プラグインの効果的な組み合わせ」など中・上級者向けの操作もできます。

その殆どの情報が、ネット検索で見つけられます。

簡単な操作で拡張することができる反面、その拡張機能に対応できる知識・経験も必要になる場合もあります。

無料テーマと有料テーマの違いを知る

WordPress(ワードプレス)では、「外観」となる「テーマ」を使用しブログ・WEBサイトとなります。

WordPressでの「公式」とされるテーマは基本「無料」ですが、有料(アップグレード)版のテーマもあります。

無料版と有料版では「見た目」や「機能」などが違います。

有料版のテーマは高機能でデザイン性も高いですが、支払いが海外口座であることやWordPressのサポート範囲外であることでオススメはしません。

無料版(公式)のテーマをカスタマイズし、より理想的な形に近づける作業が仕事になります。

SEO対策を学ぶキッカケになる

ブログ・WEBサイト運営にあたり、「検索で上位に表示される」というのは重要です。

SEO対策にも専門の仕事がありますが、「自分でも出来る範囲」は知っておいて損はないでしょう。

アルゴリズムも日々変化していきますから、最新の情報を知ることが「これまでの傾向」として役に立ちます。

自分のブログで実験・実証してみるのは良い経験になります。

操作方法や管理方法を含め提案できる

WordPress(ワードプレス)でのWEB制作でも、「制作→納品→修正依頼→修正」という流れは変わりません。

WordPress(ワードプレス)の場合、「自分でも更新できる」「自分でもある程度修正できる」ので、その「操作方法や運営方法の提案」も仕事になります。

何気ない操作でサイトが停止になる場合もありますので、「操作上の注意」「管理方法」も熟知しておく必要はあります。

今の経験が将来の仕事のプラスになる

以上のことを前提として「WordPress(ワードプレス)でブログを書く」ことで、「今から行うこと」が将来のツールになります。

まずは1つブログを立ち上げ、運営、向上を目指し、複数のブログの運営、比較という流れが理想的でしょう。

慣れていけば、複数のブログ・WEBサイトを同時に運営することも苦ではなくなります。

幅広い経験を積むことで、より幅広い提案もできるようになりますのでチャレンジしてみてください。

以上です。

Byさちお

おすすめ関連記事