【wordpress】画像サイトマップ プラグインは 更新&再送信が必要


【wordpress】画像サイトマップ プラグインは 更新&再送信が必要

wordpress(ワードプレス)には、サイトマップを自動生成してくれるプラグイン(XML Sitemap Generator for WordPress等)がありますが、これはページのサイトマップだけなので画像のサイトマップを作ってくれるプラグイン『Google XML Sitemap for Images』を入れておくと良いです。

ですが、『XML Sitemap Generator for WordPress』が自動でサイトマップ更新をしてくれるのに対して『Google XML Sitemap for Images』は自動更新してくれないので定期的に更新&再送信が必要です。

まずは、自分のブログ・WEBサイトの画像のサイトマップを確認します。

アドレスは、『http://自分のブログURL/sitemap-imege.xml』↓↓↓

【wordpress】画像サイトマップ プラグインは 更新&再送信が必要

上部の緑色の文字の日付が、プラグインを入れた2013年のままでした。

WEBマスターツールで確認すると↓↓↓

【wordpress】画像サイトマップ プラグインは 更新&再送信が必要

投稿をかなりしたはずなのに画像の数が「154」で止まってます。

と言うわけで、wordpressにログインしてダッシュボードメニューの「ツール」→「Image Sitemap」へ↓↓↓

【wordpress】画像サイトマップ プラグインは 更新&再送信が必要

すると、最初のサイトマップ生成ボタン「Generate Image Sitemap」が復活しています。

それをクリックしてサイトマップを再生成します。

そして再びWEBマスターツールへ↓↓↓

【wordpress】画像サイトマップ プラグインは 更新&再送信が必要

右上の「再送信」をクリックすると↓↓↓

【wordpress】画像サイトマップ プラグインは 更新&再送信が必要

画像が「4462」に更新されました。(エラーもでてますね…)

ページ数も「38」から「654」に更新されました。

これでGoogle先生に画像のサイトマップを再送信した事になります。

これでしばらくすると、青い棒グラフの横に赤い棒グラフがあらわれます↓↓↓

【wordpress】画像サイトマップ プラグインは 更新&再送信が必要

これが「インデックスされた数」です。

『XML Sitemap Generator for WordPress』が自動更新だからと安心していましたが、かなり勿体ない事をしていたなと後悔です。

皆さんもチェックしてみてください。

自動更新の方法があるかもしれないので、そちらも調べてみます。

インデックスされない画像も調査してみます。

参考までに。