【Windows10】自動アップグレード(Update)を回避する方法


【Windows10】自動アップグレード(Update)を回避する方法

Windows10へのアップグレード誘導が世界中で問題になっている中で、その手法が『ポップアップ通知』からさらに悪化し『Windows Update』に含まれるようになりました。

これはつまり、Windows Updateを『更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)』に設定している人が、自動でWindows10にアップロードされてしまうということ。

おそらく、インストール前にアップグレードするかしないかの選択はあると思いますが、職場などで他の人が『よくわからないでインストールしてしまった』という事が起きる前に自動インストール対策は行っておいた方が良いと思います。

ちなみに、間違えてインストールした場合でも30日以内なら元に戻せるとか。

そもそもWindows10へのアップグレードは、無料(期間限定)で『お試し版』ではなく『本製品』がもらえるんだから良いんじゃないかと思う人もいると思いますが、現在使用中のソフトウェアがWindows10に対応していない場合、全て買い直さないといけなくなるというリスクもあります。

そのためにアップグレードしたくないという人が多く、僕もその1人です。

対策としては、「自動アップデードをOFFにする」という方法がありますが、他のシステムアップデートまで手動になってしまうのでそれは避けたいところです。

と言うわけで、今回は「Windows10のアップグレードだけOFFにする方法」をご紹介。

まずは、「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「Windows Update」へ移動します。

すると、Windows10アップグレードが準備OKになっているので、下記の「利用可能なすべての更新プログラムを表示」をクリックします↓↓↓

【Windows10】自動アップグレード(Update)を回避する方法

次の画面の「Windows10 Pro、バージョン1511、10586にアップグレード」などのWindows10関係の項目にカーソルを合わせてマウスを右クリックをし「更新プログラムの非表示」をクリックします↓↓↓

【Windows10】自動アップグレード(Update)を回避する方法

すると、選択した項目が薄いグレーに変わるので、左上の矢印ボタンで戻ります↓↓↓

【Windows10】自動アップグレード(Update)を回避する方法

そして、左メニューの「更新プログラム」をクリックします↓↓↓

【Windows10】自動アップグレード(Update)を回避する方法

それで「Windowsは最新状態です。」となれば終了ですが、再度Windows10の表示が現れることがあるので、その場合は同じ行程を繰り返します。

現れなくなれば終了です。

しかし、またいつ現れるかわからないので、左メニューの「設定の変更」から「重要な更新プログラム」を「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」から「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」に変更しておいた方が良いかもしれません↓↓↓

【Windows10】自動Updateを 無効にする方法

この設定にすると、パソコンのシステムアップデートも手動になるので少し面倒になります。

自分に合った設定にしてみてください。

以上です。