【iPhone】写真の位置情報を削除する方法(アプリ)


【iPhone】写真の位置情報を削除する方法(アプリ)

iPhoneのカメラや、Instagram(インスタグラム)・Twitter(ツイッター)などのカメラアプリで写真を撮影したときに「位置情報」の設定がONになっていると、撮影した写真に撮影した場所(位置情報)が残ってしまいます。

Instagram(インスタグラム)・Twitter(ツイッター)の場合、投稿の際に位置情報の追加をしなければ画像に位置情報は残りませんが、Eメールなどで直接渡した画像には位置情報が残ります。

まずは、撮影前にiPhoneの「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」から該当のアプリの位置情報設定を「許可しない」に設定しましょう。

すでに撮影したものは、iPhone上で位置情報を簡単に削除することが出来ないので、専用のアプリを使って位置情報を削除します↓↓↓

【iPhone】写真の位置情報を削除する方法(アプリ)

参考:PhotoCheck - 写真の位置・場所を確認&除去

位置情報を削除するアプリがいくつかありましたが、今回は「PhotoCheck」(無料)というアプリを紹介します。

まずは、アプリをインストールします↓↓↓

【iPhone】写真の位置情報を削除する方法(アプリ)

立ち上げると広告が表示されるので閉じて次のページへ↓↓↓

【iPhone】写真の位置情報を削除する方法(アプリ)

「今すぐ確認する」をタップすると位置情報が入ってしまってる画像を見つけてくれます↓↓↓

【iPhone】写真の位置情報を削除する方法(アプリ)

「OK」をタップで、位置情報が入ってしまってる画像を確認↓↓↓

【iPhone】写真の位置情報を削除する方法(アプリ)

画像を指定し、「地図を確認する」をタップすると地図と撮影場所が表示されます↓↓↓

【iPhone】写真の位置情報を削除する方法(アプリ)

「位置情報を除去する」をタップ↓↓↓

【iPhone】写真の位置情報を削除する方法(アプリ)

確認で「はい」をタップすると、位置情報が消えたverの画像が作製されます↓↓↓

【iPhone】写真の位置情報を削除する方法(アプリ)

カメラロールを見ると新たに追加されているのがわかります↓↓↓

【iPhone】写真の位置情報を削除する方法(アプリ)

元の位置情報の入った画像はiPhone上に残ってますので、間違えて送ったりしないように削除してしまいます。

ちなみに、位置情報の入ってしまった画像をInstagram(インスタグラム)にアップした場合、インスタグラム側で位置情報がOFFになっていれば投稿された画像には位置情報は残っていないのは確認できました。

参考までに。

Byさちお