意外に知られていない?アメブロ『商業利用禁止』の境界線


意外に知られていない?アメブロ『商業利用禁止』の境界線

アメブロをビジネスツールとして利用している方も多いと思いますが、アメブロの利用規約には『商業利用』を禁止する項目があります。

第13条(禁止事項)


(省略)

(4) 当社の承諾のない商業行為
① 無限連鎖講(ねずみ講)、リードメール、ネットワークビジネス関連(マルチ商法、マネーゲーム等を含む)の勧誘等の情報、及びこれらに類する情報の送信等
② 商業用の広告、宣伝を目的としたブログの作成(但し、当社が認めている範囲のもの及び当社タイアップ等は除く)
③ 当社が許可したものを除き、営利、非営利目的を問わず、物やサービスの売買、交換(それらの宣伝、告知、勧誘を含む)を目的とする情報の送信等(物品を販売し、又は契約を締結させることを目的とする無料セミナーの情報の送信等を含む)
④ 本サービスの一部の利用権を、当社が定めた以外の方法で譲渡する行為
⑤ 本サービスの全部又は一部の利用権をもって、現金その他の財物、財産上の利益との交換取引をすること、もしくは交換取引をすることの宣伝・告知・勧誘する行為

だからといって、一概に『商業利用禁止』と言う訳ではなく『常識の範囲内のビジネス使用』は問題ないようです。

あくまでも『宣伝』として利用すること。『金銭面でのやり取り』をアメブロ上(コメント、メッセージ等)で行わないのであれば、商業利用も可能のようです。

もちろん、悪徳な商売目的はNGです。

参考:http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2012/10/16/13890